ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ

 
ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ

一般投稿による心霊映像を集めた心霊ドキュメンタリーシリーズの金字塔!

年度 年度 日本 HD

ブロードウェイが贈る、一般投稿による心霊映像を集めた心霊ドキュメンタリーシリーズの金字塔!衝撃の映像の連打にあなたは眠れない!

On Air Schedule
エンタメ~テレ☆シネドラバラエティ オンエアスケジュール

6
2024 June

呪いのビデオ61
8(土)21:30-

呪いのビデオ62
15(土)21:40-

呪いのビデオ100
22(土)21:20-

呪いのビデオ63
5(水)24:40- /26(水)4:00-

Amazon Prime Videoチャンネル「エンタメ~テレ☆バラエティ オンデマンド」では、『ほんとにあった! 呪いのビデオ100』はご視聴いただけません。



7
2024 July

呪いのビデオ62
31(水)24:45-

呪いのビデオ63
3(水)4:00-

呪いのビデオ64
6(土)21:25- /22(月)26:50-

この番組は、「スカパー!サービス(CS301)」「スカパー!プレミアムサービス」「スカパー!プレミアムサービス光」「ひかりTV」「J:COM」「エンタメ~テレ導入のケーブルテレビ」「Amazon Prime Videoチャンネル(順次配信)」にてご視聴いただけます。
※「SPOOX」ではご視聴いただけません。
番組表はこちらから

Episode
番組内容

#61 6月ONAIR

#61「ほんとにあった!呪いのビデオ61」

野鳥観察
投稿者の男性が、恋人の女性ととある郊外の雑木林で撮影したという映像。彼女が通っている大学の実習で「野鳥の鳴き声」を使用する事になったため自作の集音マイクを使い、深夜、録音をしていたという。途中、彼女が何かの音が聞こえると言いだす。その後、後方から、宙に浮いた生首のようなものがカメラに迫って来る…。

終焉
投稿者の女性が、自分が演出した演劇の稽古風景を撮影したものであるという。演技途中、左側に立っている劇団員の男性が気を失ったかの様に倒れ込む。しかし、後ろの鏡に映っている男性は立ったままであり、彼の背後から女と思しき姿が近付いて来る姿も映っている…。

人形ノ家 前編
投稿者である大澤さんの幼なじみの夫、荻谷さんが駅のホームから線路に転落する事故をおこした。彼は事故の数日前から「知らない女が着物姿の人形をあやしている」という夢を繰り返しみていたという。さらに事故の時、駅で彼が妻に残した留守番電話の音声には、事故の瞬間と共に不可解な女の笑い声が記録されていた。

露天風呂
投稿者の男性が高校時代の友人と、とある温泉宿に宿泊した際、深夜、露天風呂に入ったとき撮影したという映像。投稿者達が露天風呂に入りながら話をしている途中、突然奥の女子風呂の照明が点灯する。その後、照明が消えたあと、温泉から立ち上る湯煙に、数体の悲痛に歪んだ様な人間の顔と思しきモノが映り込む…。

シリーズ監視カメラ コインロッカー
とあるコインロッカーに設置された監視カメラの映像。途中、黒いカバンを抱えた女性が現れ、それをロッカー内に入れる。さらに、女性がポケットからナイフのようなものを取り出し、ロッカー内のカバンに何度も突き刺しているように見える。その後、女性の腰の辺りから、赤ん坊のような小さい顔が出て来るのが映り込む…。

BBQ
投稿者の男性が、大学時代の後輩とその女友達の4人で、とある公園でバーベキューをした時の映像。投稿者と女性が買い出しに向かう途中、道に迷い木々に無数の縄が括り付けられている場所に迷い込む。縄が括り付けられた一本の木をカメラが映した時、木の幹に同化したかの様に見える人間と思しき顔が映り込む…。

入学式
投稿者である父親が、息子の入学式の日に自宅前で撮影したという映像。 入学式にはランドセルは持って行かない事になっていた為、息子にランドセルを背負わせて、記念に写真やビデオを撮影していたというのだが。玄関の前で母親が息子の写真を撮っている様子を映した時、画面左に少女と思しき姿が映り込む…。

人形ノ家 後編
その後、荻谷さんの前妻に取材をした我々は、扱い方によっては祟りを招く可能性のあるという「オシラサマ」なる人形をご神体とした土着信仰の存在を知る。さらに荻谷さんの会社の同僚から事故の前の週に荻谷さんと出張に行き、荻谷さんが出張先のホテル近くで声を掛けてきた、足の悪い女の家に行ったという話を聞く…。

■スタッフ
演出・構成:菊池宣秀
演出補:川居尚美、森澤透馬、増本竜馬、川上悠

(C) 2015NSW/コピーライツファクトリー

ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ

#62 6月ONAIR7月ONAIR

#62「ほんとにあった!呪いのビデオ62」

バッティングセンター
投稿者の女性が休日、恋人の男性とバッティングセンターで遊んでいる様子を撮影したという映像。投稿者が規定の球数を終え、恋人と話していると、すでに終わったはずのバッティングマシーンが動きだす。その後、恋人の男性の背後に立つ、子どもと思しき姿が現れ、ネットをすり抜け、カメラに向かってくる…。

アスレチック
20年ほど前に、幼い投稿者が公園で遊ぶ模様を父親の茂さんが撮影したものだという映像。アスレチックの丸太で遊ぶ、幼い投稿者。そして、その丸太の隙間から逆さまの女性の顔の出てくるのが映り込んでいる。この映像が撮影されて間もなく投稿者の父、茂さんは亡くなった…。

スケープゴート 前編
数日前、我々の元にメールで送られてきた一つの映像。添えられていた相談内容に興味をもった我々は、投稿者の女性と会い話を聞くことになった。郡司さんの恋人である田丸さんが行ったという、大学の民俗学研究ゼミの取材旅行。そして宿泊したベンションで撮影した映像に映っていたという不気味な女の姿…。

シリーズ監視カメラ・門
投稿者が住む、一軒屋の家の玄関に設置されていた監視カメラの映像。投稿者によると、その頃インターホンが鳴り、外に出ても誰も居ないという現象が定期的にあり、監視カメラを設置したのだという。ふと、家の門の扉がひとりでに開く。その後、家の中から投稿者が出て来て家の周りを見て回り、扉を閉め、再び中に戻る…。

断崖
投稿者のカップルが、自殺スポットとして有名なある岬に行った際に、撮影された映像。撮影者の女性が、持っていた懐中電灯を照らし、居なくなった恋人を探すと、彼が崖の先に向かって歩く姿を発見する。その後、女性が崖に近づけず、離れた場所から男性に声を掛けている時、突如彼の背後から複数の手が現れる…。

タイムカプセル
投稿者の男性が小学校時代の友人達と同窓会をした日、仲の良かったグループで埋めたタイムカプセルを掘り出した際に、撮影された映像。シャベルで穴を掘り、出てきた瓶の中身を確認する投稿者達。その後、瓶の中身を確認している時、左奥に映っている掘り出した穴の中から這い出てくる女と思しき姿…。

救急車
投稿者の男性が夜間、家の近所でバイク事故を起こしたと思われる現場を撮影したという映像。後日、映像を見返していた時、一部、不可解なものが写り込んでいることに気がついたという。救急車の赤い点滅に照らされて、黒い地面に巨大な人間の顔のようなものが現れている…。

続・スケープゴート 前編
投稿者である郡司さんから送られてきた映像は、失踪した恋人、田丸さんの残したものであった。暗闇のなかに映った女の影、この映像は田丸さんが所属している民俗学研究ゼミの、調査旅行で撮られたものらしい。その調査旅行のメンバーのうち田丸さんを除く二人が交通事故、心不全という不幸な目に遭っていた…。

■スタッフ
演出・構成:菊池宣秀
演出補:川居尚美、森澤透馬、増本竜馬、川上悠

(C) 2015NSW/コピーライツファクトリー

ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ

#63 6月ONAIR7月ONAIR

#63「ほんとにあった!呪いのビデオ63」

親子
投稿者の女性が、休日に息子と近所の公園に遊びに来たときに撮影したという映像。投稿者が池の淵に座っている息子に近づいた時、彼に向かって、水面から小さい手とおぼしきものが出ているのが映る。さらにその後、投稿者が再び息子の方にカメラを向けた時、彼の上の方に、女の生首のようなものが映り込む…。

ゴンドラ
投稿者の男性が友人カップルと、とある地方の野外アトラクション施設に遊びに行った時に撮影したという映像。施設は山の中に設置されたワイヤーを、体に固定し滑車で滑るものだというのだが。山頂に向かい、ロープウェイのゴンドラに乗っている投稿者達。その時ゴンドラの外から中を覗いている子供と思しき姿が映り込む…。

スケープゴート 中編
テーブルに置かれた木箱を前に話している4人。木箱を開けて、カメラが中にあるご神体を映した後にその場にいる三人を映した時、彼らの背後に黒っぽい人影が映り込む。その後、庵堂さんが自分の背後をカメラのモニターで確認するため、カメラを自分の方に向けた時、顔が、穴が開いているかの様に黒くなっている…。

街撮り
外国人である投稿者の男性が日本に観光で訪れた際に街中の様子を撮影したという映像。投稿者は動画投稿サイトにのせる目的でこの映像を撮影していたという。ゆっくり前方に進みながら、歩き続ける投稿者の男性。途中、横から半透明の男と思しき姿が現れ、投稿者にぶつかりそうになった瞬間、男は消えてしまう…。

上空
投稿者の男性が友人と旅行に行った帰りに乗った飛行機の中で撮影したものであるという。この映像に恐ろしいものが映り込んでしまったというのだが。飛行機内で投稿者が友人を撮影していたとき、荷物入れの中に人間の顔とおぼしきものが映り込む…。

シリーズ監視カメラ 鳥居
とある神社に設置されている監視カメラの映像であるという。ある男性が複数連なった鳥居の中を歩いている時、男性の後ろをついていく、女と思しきものの姿がうつりこむ。この映像を専門家に見てもらったところ、これはこの男性に恨みを抱くモノの姿であるというのだが…。

証明写真
投稿者である男性が友人たちと、飲み会の帰り道、駅に向かう途中に撮影したという映像。友人の男性が写真機のカーテンを開けたとき、中に座っている女性とおぼしき姿が映る。しかし、投稿者が再びカメラを向けた時、中には誰もいない。さらにその後、写真機の上から血まみれの女性とおぼしきものが覗いているのが映りこむ…。

続・スケープゴート 中編
呼び出された親族とともにスタッフが室内へ入り風呂場に近づいた時、風呂の鏡に映る女とおぼしき姿が映り込む。庵堂さんは病院で処置を受け、一命は取り留めたものの、脳にダメージが残り、意識不明の状態であるという。まさか、この映像に映り込んだものが、庵堂さんを自殺行為に追いやった、とでも言うのだろうか…?

演出:菊池宣秀
構成:菊池宣秀、田代聖嗣
演出補:川居尚美、森澤透馬、山下洋助、今野恭成、佐藤千尋

(C) 2015NSW/コピーライツファクトリー

ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ

#64 7月ONAIR

#64「ほんとにあった!呪いのビデオ64」

怨讐
投稿者の男性がドライブの途中、友人達と、とある廃墟に立ち寄った時の映像。投稿者達が廃墟内を探索中、上の階から大きなモノ音が聞こえる。その後、上の階に上がり、ある部屋に入った時、室内に黒焦げの服を着た人形が落ちているのを見つける。更にそのあと、なんと室内のモノがひとりでに宙に浮かび、落下する…。

トイレ
投稿者の女性の恋人の男性が撮影した映像。心霊スポットである公衆トイレの噂を検証するため個室内に入る男性。しばらくして、ドアをノックするような音が鳴りだす。その後、男性がカメラをドアの隙間に向けると、小さな人影が一瞬横切る。そして、カメラを下の隙間に向けると、小さな足が映り込む…。

スケープゴート 前編
取材対象者、庵堂さんの自殺未遂という最悪の結果を迎え、スタッフルームには今までに無い重い空気が漂っていた。さらに、我々は、田丸さんの事や沙希さんの事など、今回の事全てをまとめ、懇意にしていた心霊関係の専門家、山本幻覚氏に意見を聞くため、手紙で相談してみることにした…。

赤い傘
投稿者の女性が、恋人の男性と共に、とある踏切で撮影したという映像。撮影中、傘の柄を握る女とおぼしき姿が映りこむ。投稿者が調べたところによると、過去にこの踏切近くで、ある女性が線路内に侵入して電車にはねられて亡くなるという事故があったらしい。そして、その日は雨が降っていたというのだが…。

シリーズ監視カメラ 覗き穴
投稿者である女性の自宅マンションの玄関扉の覗き穴に設置された監視カメラの映像。ライトの灯る深夜のアパートの廊下。画面奥のエレベーターの扉が開くが誰も乗っていない。その後、突如、覗き穴の上の方から何者かの顔のようなものが現れ、消える…。

続・スケープゴート 前編
沙希さんの自傷行為と、部屋から聞こえるという謎の声。その正体を掴むために我々は沙希さんの部屋に固定カメラを設置する。そして、庵堂さんの大学の同期である、仲谷さんによって明かされた木箱の真実。ご神体が納められた木箱は、使用を重ねると悪霊が入り込むというのだが…。

寺跡
投稿者の男性が友人たちと、地元で有名な心霊スポットである、とある公園に行った時に撮影したという映像。首なし地蔵の前で写真を撮っている、投稿者達。 カメラを友人の方に向けた時、暗闇から首を抱え込むかの様に腕が現れる。さらに、人間の顔とおぼしきものも写っている…。

人身事故
投稿者の男性が、友人と電車に乗っていた時に遭遇した人身事故の様子を撮影した映像。電車から降りた投稿者がホーム上に置かれたブルーシートの方にカメラを向けた時、その奥に女とおぼしき姿が映り込む。制服姿の警官や、救護隊に混じり、一般人が混じっているのは異様な様子である…。

終・スケープゴート 後編
その後、我々が墓の側に落ちていたデジタルカメラを確認すると、田丸さんと思われる人物が墓の側に木箱を埋めている映像が収められていた。霊障に悩まされていた田丸さんは、ご神体の木箱をゼミの教室から持ち出し この場所に返しにきたのだろうか。そしてご神体を返した証拠として、この映像を撮影したのだろうか…。

演出:菊池宣秀
構成:菊池宣秀、森澤透馬
演出補:川居尚美、森澤透馬、山下洋助、今野恭成、佐藤千尋

(C) 2015NSW/コピーライツファクトリー

ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ

#100 6月ONAIR

#100「ほんとにあった!呪いのビデオ100」

視聴者からの投稿映像を紹介する心霊ドキュメンタリーの祖として、1999年の本シリーズ誕生後、邦OV部門回転率1位、ホラー部門レンタルランキング1位を独走してきた大ヒットシリーズの100巻を記念した劇場公開作品であり、1~7巻の構成・演出としてその基礎をつくり、その後も「おわかりいただけただろうか…」「…とでもいうのだろうか…」でおなじみのナレーションを務めてきた中村義洋監督が満を持して復活、自ら演出を手掛けた作品。

2022年4月、とあるMAスタジオにて。
それは丁度『ほんとにあった!呪いのビデオ 96』ナレーション収録の最中のことであった。
シリーズ1~7まで構成・演出を担当し、現在までシリーズを通してナレーターを務めている中村義洋が、収録予定だった投稿映像のうちの1本を、24年前にも見たことがあるのだという。
ただし理由があって当時は採用しなかったのだというのだが……。

構成・演出・ナレーション:中村義洋
演出補:男鹿悠太、木勢まりあ、久木香里奈
演出協力:藤本裕貴
音楽・音響効果:ボン

(C) 2023 NSW/コピーライツファクトリー

ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ

※放送の都合上、カットしている場合がございます。あらかじめご了承ください。

Pickup
おすすめ番組