• HOME > 
  • ホラー > 
  • ほんとにあった! 呪いのビデオ
ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ

6月NEW 7月NEW
TV初放送!
ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ

一般投稿による心霊映像を集めた心霊ドキュメンタリーシリーズの金字塔!6月は新作「84」、7月は「85」登場!

年度 年度 日本 HD

ブロードウェイが贈る、一般投稿による心霊映像を集めた心霊ドキュメンタリーシリーズの金字塔!衝撃の映像の連打にあなたは眠れない!

On Air Schedule
エンタメ~テレ☆シネドラバラエティ オンエアスケジュール

6
2020 June

呪いのビデオ56
1(月)27:10-

呪いのビデオ57
14(日)4:30-

呪いのビデオ58
7(日)4:25-(初)
17(水)5:00- /25(木)24:55-

呪いのビデオ84
6(土)21:35-(初)
15(月)27:00-


Amazon Prime Videoチャンネル「エンタメ~テレ☆バラエティ オンデマンド」では、『ほんとにあった! 呪いのビデオ56-59』がご視聴いただけます。『ほんとにあった! 呪いのビデオ84-85』はご視聴いただけません。

7
2020 July

呪いのビデオ57
16(木)25:00-

呪いのビデオ58
7(火)4:00-

呪いのビデオ84
18(土)21:05-

呪いのビデオ59
5(日)4:20-(初)
22(水)5:00- /30(木)25:00-

呪いのビデオ85
4(土)20:00-(初)
6(月)26:00- /15(水)4:55-

この番組は、「スカパー!サービス(CS301)」「スカパー!プレミアムサービス」「スカパー!プレミアムサービス光」「ひかりTV」「J:COM」「エンタメ~テレ導入のケーブルテレビ」「dTVチャンネル」「Amazon Prime Videoチャンネル」にてご視聴いただけます。
※「スカパー!オンデマンド」ではご視聴いただけません。
番組表はこちらから

Episode
番組内容

#56 6月ONAIR

#56「ほんとにあった!呪いのビデオ56」

大女
投稿者の男性がアルバイト先の同僚4人と旅行先のコテージに宿泊した際、撮影した映像。皆と部屋でお酒を飲んでいると、その内の1人が頭が痛いと言い出し2階の寝床へ。その後、3人で盛り上がっていたが、話のノリで彼の寝顔を撮りにいくことになる。投稿者はカメラを構えて彼に近づくが、彼は目を見開いて天井の方を見ていた。投稿者も気になって天井の方を見ると髪の長い女が…。

あるはずのないモノ
投稿者の女性が恋人と一緒にドライブをした帰りに車内で撮影した映像。走行中、急ブレーキをかけ車を降り急に走り出す恋人の男性。その後、彼の後を追いかけるように外に出た投稿者が、路上に落ちていたバイク用ヘルメットを見つける。何気なくヘルメットにカメラを向けると、そこには血だらけの男性の顔と思われるものが映り込む…。

リベンジ
取材班は東京近郊の住宅街に住む投稿者の女子高生と会うことに。彼女から送られてきた映像は、最近、駅のホームから落ちて電車に轢かれて死んだ兄の携帯電話に残されていたものだと言う。彼女は我々に映像に起きている異変と、兄の死について相談したいことがあると言うのだ。映像は、居酒屋で仲間と楽しそうに飲んでいる兄の画面がふいに静止する。そして、その直後の兄の頭部が異様な形に歪むのだが…。

シリーズ監視カメラ 商店街
とある商店街に設置されている監視カメラの映像。この商店街の役員である投稿者の、男性の事務所に保管してあったという過去の映像。映像内に映る店の軒先に、ホームレス風の男性が現れ、ダンボールを引き横になる。その後、横になった男性から抜け出てくるかのように、半透明の男性が起き上がり、歩きながら消えてしまうのだが…。

手鏡
投稿者の男性が、撮影当時、つき合っていた恋人とデートの帰りに自宅近くの公園で撮影した映像。公園内で鏡を拾った彼女は、その鏡でふざけて遊び始めた。そして、カメラに向かって自分の顔を手鏡に反射させる彼女。その後、鏡に火傷の跡がある女と思われる顔が映り込む。さらにその直後、鏡が前ぶれもなく突然割れてしまうのだが…。

バックカメラ
投稿者の男性が、所有する車に取り付けられているバックカメラの映像。走行中は録画し続ける設定にしていたというバックカメラ。とある立体駐車場の空きスペースに車がバックで侵入する。その時、隣に停車している白いワゴン車の窓ガラスに、目から血を流した子供と思われる姿が映りこ込んでいるのだが…。

夜の住民
投稿者の男性が、とある歓楽街にある行きつけの飲み屋で撮影した映像。楽しげに談笑するバーの店員と投稿者たち。ふとカメラがカウンターの下を向いたとき、そこに目が黒い子供のような者が横たわって映り込む。まさかこれは夜の街に付く異形の者の姿であるとでも言うのだろうか…。

リベンジ 後編
亡くなる1週間ほど前に撮った映像に、不可解な現象が記録されていた。我々は、今回の一連の出来事に関係があると思われた、兄の元恋人の女性の行方を追った。その後、取材した女性のアルバイト先の元同僚によると、恋人の女性はホテルで撮られた裸の動画が、元恋人によってインターネット上に流出したことを苦に、自殺したらしいというのだが…。

■スタッフ
演出・構成・編集:菊池 宣秀

(C) 2014 NSW/パル企画

ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ

#57 6月ONAIR7月ONAIR

#57「ほんとにあった!呪いのビデオ57」

隙間
投稿者の男性が、旅行中の妹から預かったハムスターを自宅に遊びに来た恋人と一緒に撮影していた時の映像。恋人がベッドの下に逃げたハムスターを捕まえた後、投稿者がカメラを向けた時、そこに横たわる男性の頭部とおぼしきものが映り込む。投稿者によると、マンションの共用部分で亡くなった人がいるというのだが…。

シリーズ監視カメラ からみつく
とあるコインランドリーに設置された、監視カメラに記録されていた映像。洗濯物をランドリー内から取り出す男性客。ふと、驚いたように洗濯物を床に落とす。それには、髪の毛と思しきものが絡んでいる。その後、男性客は電話をかけながら歩き、椅子に座った女性の前を通った時、女性の姿は消えてしまう。さらに、その後、男性客が入口付近に移動すると、そこに先ほどの女性の姿が現れる。そして、男性客が店から出ていく時、女性の姿も消えてしまうのだが…。

棲んでいる
廃墟めぐりが趣味であり、よく一人で廃墟を訪れるという投稿者の男性。これは、関東近郊の、とある荒れ果てた一軒家の廃屋を、探索する様子を撮影したものであるという。男性が廃屋内を探索し、ある部屋に置かれた鏡を映した時、映り込む投稿者の背後に、着物姿の老婆と思わしき姿が現れる。投稿者によると、この家には昔、一人暮らしの老婆が住んでいたというのだが…。

邪心 前編
今回、取材班のもとに都内在住の女性から、投稿映像が届いた。同封された手紙によると、友人の事で相談があるという。今から一ヶ月ほど前、投稿者の川上さんが、大学時代の友人の結婚式場で「友人たちのお祝いコメント」を流すため、撮影したのだという。その後、編集のため映像を確認していると、友人の映像の途中でノイズが発生し、そこに人間の顔と思しきものが写り込んでいる。さらに、女と思しき声も聞こえるのだが…。

穴場
投稿者の男性が恋人と共に、関東近郊のある海岸に魚釣りをしに行った際、撮影された映像。この日は全く釣れず投稿者たちは、奥の岩場まで行ってみることにしたという。移動先の岩場で、ふと、下の方にカメラを向けると、そこには半透明の横たわる男性と思わしきものが映っているのだが…。

お焚き上げ
投稿者の男性が地元の友人と大晦日の夜、近所の神社に行った際に撮影した映像。神社の境内で行われている、「お焚き上げ」の様子を撮影している時、その中に人の顔のようなものが映り込む。その顔は悲痛に歪んでいるようにも見える。「お焚き上げ」で燃やすものの中には、処分に困った遺品や故人の人形などが含まれている場合もあるというのだが…。

予兆
投稿者の男性が大学の友人2人と東南アジアの、とある国に旅行した際、撮影されたもの。この日、投稿者たちは観光船に乗り、川をクルージングしていたという。小舟に乗った中年の男女が観光客相手に飲み物などを販売している。そして、小舟が観光船から離れていく時、小舟に乗る中年男性の頭部が、薄く透けて奇妙な形に歪んでいるように見えるのだが…。

続・邪心 前編
投稿者、川上敦子さんが撮影した、友人の赤木美穂さんの映像に異変が起きていた。我々は赤木さんの夫、誠さんに電話をして調査をしようとするが、余計な事はするなと言われ取材を断念せざるをえなくなる。一方、取材班は川上さんの映像と別の投稿者の映像に類似する現象を発見する。その後、投稿者の大江さんの話を聞き、映像に映る新庄俊介さんの失踪を知る取材班。そして、新庄さんの交友関係を調べていく事にした…。

■スタッフ
演出・構成・編集:菊池 宣秀

(C) 2014 NSW/パル企画

ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ

#58 6月ONAIR7月ONAIR

#58「ほんとにあった!呪いのビデオ58」

吊り橋
投稿者の男性が恋人の女性と共に、とある山へハイキングに行った時の映像。ハイキングの途中に見つけた吊り橋を渡る投稿者達。ふと、恋人の女性が、吊り橋の床板を踏み外して転んでしまう。助けようとして、近づく投稿者。その後、床板の隙間にカメラを向けた時、男性と思しき顔が不意に現れる…。

女首
投稿者の男性が、高校時代の友人2人と会った時に撮影した映像。久しぶりの友人と食事に行く為、駅前で合流し車で移動。走行中、フロントガラスに向かって何か人間の頭部のようなものがぶつかってくる。車を停止させ車の外に出ると、車体の下から人間の顔のようなものがゆっくりと出てくるのが映り込む…。

盆踊り
投稿者の男性が恋人と共に、地元のお祭りに行った時に撮影した映像。投稿者が、盆踊りをしている人々を撮影している時、画面右に浴衣を着た少女が立っている。更にその後、カメラを下におろした時、同じ人物と思われる少女が、投稿者の足元にしゃがんでいるのが映り込む…。

邪心 中編
制作委員会に送られてきた2本の投稿映像には、同じ女性と思われる顔が映り込んでいた。話を聞くと、撮影後、映っている友人や恋人が謎の自殺や失踪をしていた。投稿者の大江さんの失踪した恋人、新庄さんに恨みを持つという、村上さんに話を聞く。彼はネット上の「復讐サイト」の掲示板に、新庄さんへの愚痴を書き込んだというのだが…。

シリーズ監視カメラ バックヤード
個人経営のコンビニエンスストアのバックヤードに設置されている、監視カメラの映像。男性が、画面奥の扉を開けて事務所内から外に出て行く時、扉の外に、制服姿の女の姿が映りこむ。更にその後、男性が画面手前の来た時、同じ制服姿の女が、追いかけるかのように現れる…。

足元
投稿者の男性が大学の友人達と、ある有名な温泉に行った時に見つけた廃虚を探索した時の映像。ある部屋で、床の方へカメラを向けている時、着物姿の人間の足元が映り込む。投稿者が再度、カメラを向けるがそこには誰もいない。その後、友人の方にカメラを向けると、部屋の外から覗きこむ、老人の顔と思しきものが映りこむ…。

遊園地
投稿者の女性が実家の物置を整理した際に見つけたという映像。30年ほど前、親戚家族と、とある遊園地に行った時に撮影したもの。白壁の建物前の卓球台で遊ぶ投稿者達。すると突然、画面全体が変色し、数人の人影のようなものが歩く姿が映り込む。更にその際、念仏のようなものが聞こえる…。

続・邪心 中編
死神とメールをした事があるという徳村さんとの取材の中で、過去にイジメられた「北第2中学校の奴らを許さない」という返信を死神が送ってきた事を知り、取材班は該当する中学校と思われる学校を調べ、近隣住民に聞きこみを重ねた。その取材の過程で出会った島本さんから、問題の中学校の過去のイジメについて取材をした…。

■スタッフ
演出・構成:菊池 宣秀

(C) 2014 NSW/パル企画

ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ

#59 7月ONAIR

#59「ほんとにあった!呪いのビデオ59」

現場
投稿者の男性が友人と、自宅近所の居酒屋に行った帰りに撮影したという映像。通りがかりの、とあるマンション、1階の地面に置かれた花束の前で談笑する投稿者達。「みないで」という女性の声が聞こえ、投稿者が下にカメラを向けた時、そこに、女の顔と思しきものが映り込む…。

人形
投稿者の女性が単身赴任の夫に見せるため、自宅のリビングで娘を撮影した映像。カメラが投稿者の娘が抱えている人形を映した時、人形に異変が起こる。 さらに、娘が人形に対し異常に執着をしていたというのだが…。

大雪
2014年の2月、記録的な大雪が降った関東。投稿者の男性は一日にして銀世界になった外の様子を、携帯電話のカメラで歩きながら撮影していたという。ふと、路上にかまくらが作られているのを見つける。そして、かまくらにカメラを向けた時、そこに、白い人間の顔と思しきものが、穴の中からこちらを見つめているのが映り込む…。

邪心 後編
架空の復讐依頼という形でスタッフの増本が書き込みをしたものに対し「死神」からメールが来る。内容は「直接会って、見ると不幸になる映像を渡します。」と言うものであり、待ち合わせ場所には、ある都内の公園が指定されていた。待ち合わせ時間を30分程、経過した頃である。突然、携帯電話が鳴りその場から離れる増本…。

シリーズ監視カメラ 介護
投稿者である女性が、介護中の父親の様子を仕事場から確認するために、設置したネットワークカメラの映像。寝室のベッドで寝ている男性。突如、部屋の電気が点滅を始める。その後、入り口のふすまが開き、喪服を着た女と思しきものがゆっくりと男性に近づく姿が映り込む。再び部屋が明るくなると、女の姿は消えている…。

海水浴
投稿者の男性が20年ほど前、友人家族と近場の海水浴場に行った際に撮影した映像。観光客で賑わう海水浴場の砂浜に、人間の生首と思しきものが映り込む。投稿者によると、この地域では昔、嵐などで、不漁が続くと、海への人身御供として、罪人の首などを船に乗せ、海に流したという伝承が残っているというのだが…。

テープ
投稿者の男性がアルバイト先の同僚達と、地元の潰れたキャンプ場に行った時の映像。廃屋内の風呂場に入る投稿者達。ふと、カメラを浴槽に向けると、その中に、女と思しきものが映り込む。映像に映り込む女と思しき姿と、カセットテープに録音された声の女性は同一人物なのだろうか…。

続・邪心 後編
死神から「見ると不幸になる映像」を受けとるため、公園で待ち合わせることになった取材班。そして、スタッフの増本が死神に直接取材を試みる。その後、隠しカメラの映像を谷岡さんに確認してもらうと、中学校時代、倉本さんと仲の良かったという相原さんという女性に似ているという…。

■スタッフ
構成:菊池宣秀、増本竜馬
編集:菊池宣秀、森澤透馬
演出補:川居 尚美、森澤透馬、増本竜馬

(C) 2014NSW/パル企画

ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ

#84 6月ONAIR7月ONAIR

#84「ほんとにあった!呪いのビデオ84」

真夜中の滑り台
公園の滑り台で動画撮影中に悲劇に見舞われてしまった投稿者の友人。すぐに救急車で病院に運ばれたが、どこにも異常は見つからなかったのだという。後日、その友人から、投稿者の元に、公園で撮影した映像が送られてきた。そこには不可解な人影が写り込んでいる…。

野外トイレ
ドライブ中、たまたま見つけた野外トイレに立ち寄った投稿者の男性。スマートフォンのライトを起動した際、誤って動画を回してしまったという。トイレの壁に逆さにぶら下がったような、黒い人らしきもの…。投稿者は帰宅途中、ハンドル操作を誤り、事故を起こしたというのだが…。

リフト
投稿者の男性が恋人と、とある山に遊びに行き、一人用リフトに乗った時に携帯電話で撮影した映像。リフトの支柱の隙間から、こちらを覗く人間の顔と思しきものが映っている。投稿者によると、数日後、知らない女の声で「迎えに来て欲しい」という謎の電話があったという…。

終・静止する身体 前編
磯貝さつきのマンション周辺を調べていた我々取材班に猛然と抗議してきた男性。投稿映像の家は磯貝さつきの住居ではなく、実際はその男性、相葉さんの住居だったことが判明する…。相葉さんと磯貝さつきは大学時代の知り合いであり、三橋百合子と付き合っていたのだという。

手招き
実家に住み着いたという野良猫をスマートフォンで撮影していた投稿者。奥にいる猫にカメラを向けると、部屋の隅に正座をし、こちらに手招きをしている白い人影が写りこんでいる。投稿者によると、この白い人影は、投稿者の親戚であるお婆さんのヨシエさんに似ているというのだが…。

祖父の病室
二十数年前に、投稿者の祖父が心筋梗塞で倒れて入院した時の病室での映像。見舞いに来た親類の男性を映した時、背後に顔が血まみれの女と思しき姿が現れる。異変に気づいた投稿者が親類の男性に映像を見せたところ、過去、彼に付きまとっていた女性がいたらしいのだが…。

鍾乳洞の男
とある鍾乳洞で撮影された映像。カメラが鍾乳洞の天井を写すと、その岩陰から男の様な顔がこちらを覗き込んでいる。生気のない男性の顔はどこか悲痛にも見える。かつて、この鍾乳洞で、大学のサークル活動中にメンバーの一人が行方不明になるという事件があったと言う。

終・静止する身体 後編
相葉さんの留守中、マンションのエントランスに2台、部屋の出入り口に1台のカメラを設置して撮影を試みた取材班は、ついに問題の核心にせまるものの撮影に成功する。突然現れ、相葉さんの部屋の前で立ち止まる黒い服を着た人物。それは磯貝さつき本人なのであろうか…。

■スタッフ
演出:KANEDA 演出補:中田亮、知花はる

(C) 2019 NSW/コピーライツファクトリー

ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ

#85 7月ONAIR

#85「ほんとにあった!呪いのビデオ85」

神の視点
投稿者が小型のドローンをテストフライトさせた際に撮影した映像。人気がないはずの木々の間の小道を男性が歩いているが、急に姿が見えなくなってしまう。その後、試験飛行を終えてドローンを回収した投稿者の背後に、先程の男性の姿が…。最初の位置から、かなり距離があったのだが…。

シリーズ監視カメラ 簡易宿泊所
およそ10年前の、とある簡易宿泊所の一室を収めた映像。テレビをつけたまま眠り込んでしまう男性宿泊者。そのテレビの電源が消えた瞬間、男性宿泊者の枕元に、奇妙な人影が映り込む。この客室では、不可解な現象が起こると宿泊者からのクレームが絶えなかったという…。

Propagation 前編
製作委員会のもとに送られてきた、別々の二本の映像。調査を進めた我々は、その二本がある一人の人物によって繋がっていることを知るのだった…。

夢遊病
一本目は投稿者が、友人を撮影したものである。目覚めると言いようのない疲労を感じるという友人のため、投稿者が寝ている姿をカメラで撮影することを提案したという。そこには友人の奇妙な姿が写っていた。

ワークショップ
もう一本は、とあるスタジオで行われた俳優のワークショップを記録した映像。講師が声を荒げると、突然ドアや窓が激しく叩かれ、室内の蛍光灯が突然点滅し、消える現象が写っていた。

手筒花火
今年の夏、投稿者の地元の伝統行事の様子を撮影したという映像。地元の男衆が、自分自身の手で作成した花火を、神社で打ち上げ奉納するという。手筒花火から、激しい炎が吹き出し、軽く爆発をした直後、その煙の中に人間の苦しみ悶えるような巨大な顔が現れる…。

監視者
大学生のグループが、仲間内で肝試しに山奥の廃村を訪れた際の映像。廃屋を進むメンバーたち。途中、一人が先に進むことを拒み、戻ることを提案する。その直後、誰も居ないはずの廃屋から男の声が…。パニックになって逃げるメンバーを不可解な人影が追いかけてくる…。

七夕
映像制作会社に勤める男性が、自身の娘が通う幼稚園で行われた七夕のイベントの様子を撮影したという映像。園児たちが整列しているところを映した時、棚の中に人間の顔と思しきものが横たわっているのが映っている。ひき逃げに遭った近所の男性に似ているというのだが…。

Propagation 後編
夜中に不可解な行動をしていた今井さんの話によると、今井さんも問題のワークショップに参加しており、同じワークショップに参加していた友人、大橋彩香さんが一年前に自殺していたことが判明する。大橋さんはその講師と親密な仲だったという。我々は、もう一人の投稿者、成瀬さんと撮影場所の教室で会う。その取材中、今井さんが急に倒れて…。

■スタッフ
演出:KANEDA 演出補:中田亮、知花はる

(C) 2019 NSW/コピーライツファクトリー

ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ ほんとにあった! 呪いのビデオ シリーズ

Youtube
動 画

※放送の都合上、カットしている場合がございます。あらかじめご了承ください。

Pickup
おすすめ番組