ウドちゃんの旅してゴメン

エンタメ~テレクション47 From名古屋
ウドちゃんの旅してゴメン

あたたかな笑い、優しさ、ほのぼの、キュンとする気持ち…。
ウドちゃんの笑いと優しさがいっぱいの行き当たりばったりの旅。

ウドちゃんの旅してゴメン

日本 時間 HD

"忘れかけていた気持ちを、ウドちゃんが気ままな旅を通じてみなさんにお届けします。出会った人々も気さくに接してくれる、台本のない旅。「旅番組」というよりは「旅のドラマ番組」。ユニークな人々との出会いによって、旅が予期せぬ方向にむかうことも!?ウドちゃんの笑いと優しさがいっぱいの行き当たりばったりの旅、お楽しみ下さい。

On Air Schedule
オンエアスケジュール

5
2018 May

#387
1(火)18:00-(初)
4(金)8:05- /7(月)8:10-

#388
8(火)18:00-(初)
11(金)8:05-

#389
15(火)18:00-(初)
18(金)8:05- /21(月)8:10-

#390
22(火)18:00-(初)
25(金)8:05-

#391
29(火)18:00-(初)

6
2018 June

#391
1(金)8:05- /4(月)8:10-

#392
5(火)18:00-(初)
8(金)8:05- /12(火)11:40-

#393
12(火)18:00-(初)
15(金)8:05- /18(月)8:10- /19(火)11:40-

#394
19(火)18:00-(初)
22(金)8:05- /26(火)11:40-

#395
26(火)18:00-(初)
29(金)8:05-

番組表はこちらから

Cast
出演

ウド鈴木
血液型:AB型
星座 :やぎ座
性格 :竹を割ってまたくっつけたような性格
好き :豚のしょうが焼き定食、綿棒、上戸彩ちゃん、エントランス
嫌い :アップルパイ、落ちているトイレットペーパーの芯、生きたシャコ、手前に引くドア

Episode
番組内容

#387 5月ONAIR

#387:昔ながらの小さな漁村 三重・尾鷲市

「三重・尾鷲市」を旅してゴメン!旅のスタート新浜バス停は海の目の前!なにやら海を覗き込んでいるお父さんに出会います。尾鷲市須賀利の食卓の定番食材、ナマコを探していたというお父さん、今獲ったばかりのナマコをウドちゃんにお裾分け!生きたナマコをもらうのは初めて!とウドちゃん♪須賀利の全景が見渡せるというお寺も紹介していただきました♪

歩いていると簡易郵便局を発見。入口の扉にはいくつかの手形が貼ってありました。それは米寿になった方がお祝い返しとして親戚に配るもので、長寿にあやかるため玄関先に飾る、東紀州に伝わる風習だとのことでした。局内にお邪魔すると、たくさんの写真と木彫りの像が!器用な弟さんの作品で、これだけを見にくるお客さんもいらっしゃるとのこと!ご家族で営む郵便局は、町の憩いの場になっていました。

再び歩いていると、漁から戻ってきた漁師さんに出会います。マダイの養殖をされているということで、仕分け作業を見学♪大漁!の鯛と、仕分け方法に大興奮!のウドちゃんでした♪先程お父さんにいただいたナマコを調理してくれる方を探すウドちゃん。親切なお母さんと出会い、お宅にお邪魔させていただくことに♪須賀利独特の、酢醤油とアオサでいただくナマコに舌鼓♪思わずごはんのおかわりをおねだりする美味しさでした♪息子のように接してくれるお父さんとお母さんとの別れを惜しみつつ、お寺に向かいます。お寺を発見するも、そこには長々と伸びる急勾配の階段が!息を切らしつつも前だけを向いて登った先には須賀利を見渡す絶景が!境内にはマグロの供養塔も。ここでもウドちゃんが可愛くて仕方ない御住職に、須賀利の歴史を教えていただきました。優しい町を優しく見守るお寺の絶景に大感動!明るく元気!家族のように接してくださる須賀利の方達に癒され、もうひとつのふる里が出来た気分になれた今回の旅でした♪

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#388 5月ONAIR

#388:春陽のみぎり 再会に心ぽかぽか 岐阜・郡上八幡

「岐阜・郡上八幡」を旅してゴメン!今回は春の郡上を旅します♪何度も訪れた町ですがこの季節は初めて!格子戸の家々や清水が流れる路傍に郡上の風情を感じていると、八坂神社の案内看板を発見。散歩中のお父さんにお話を伺うと、一緒に来ていただけることに!神社に到着し、お参りさせていただくと、お父さんがすぐそばの脇道から郡上八幡城へ登れることも教えてくださいました。またまた「一緒に登りましょうか?」とお父さん!優しいお父さんのご好意に甘え、急な階段を登ることおよそ20分。息のあがるウドちゃんと、余裕のお父さん。実はお父さん、郡上市バレーボール協会の会長さんでした!

やっとの思いでお城に到着!お城脇にある休憩所で郡上八幡天然水サイダーを購入し登頂の乾杯♪見渡す郡上の町が魚の形に見えることを教えていただき、疲れも忘れて大興奮!のウドちゃんでした♪

続いて視聴者情報でいただいたワサビ専門店「わさび屋」へ。自分でワサビを擂るというスタイルを楽しみつつ♪「わさび丼」をいただいたのですが、ついついたくさんのワサビを口にしてしまったウドちゃん。郡上の水で育ったワサビは辛味もまろやかなはずなのに涙目。適量を乗せて美味しくいただくことが出来ました♪ご飯の上に薬味とワサビだけというシンプルなどんぶりですが、改めて郡上の水の豊かさと清らかさを感じることができました♪

さらに視聴者情報でいただいた「郡上鍾乳洞」へ。郡上には2億年もの歴史を刻む鍾乳洞がいくつもあり観光スポットとして有名ですが、今回伺ったのは全長400m程の比較的小さな洞窟。郡上の旅ではおなじみ♪タクシー運転手の小椋さんに連れて行っていただきました。洞窟を管理しているお母さんにお話を伺うと、この季節はコウモリが冬眠中とのこと!人に危害を与えることはないとのことでしたが、一人で行くのが心細くなったウドちゃんは小椋さんをお誘い!一緒に来ていただけることになりました♪よくよく見ると可愛いのですが、やはり不気味な雰囲気のコウモリ。絶叫に次ぐ絶叫で洞窟を進みます。洞窟の出口までやってきた頃にはすでにヘトヘトのウドちゃん。暖かくなってきた今の季節だからこそ楽しめる♪今回の郡上八幡の旅となりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#389 5月ONAIR

#389:輝く未来に咲く笑顔 三重・四日市市

「三重・四日市市」を旅してゴメン!旅のスタートは近鉄川原町駅。青天に恵まれ♪駅前の案内看板で見つけた桜並木のある「海蔵川」をめざします。道中、レトロ感が目を惹きお邪魔した喫茶店「たんぽぽ」。喫茶店を営むご夫婦はよくウドちゃんの番組を見てくれているそうで、温かく迎えてくださいました♪東海地方独特!大ボリュームのモーニングセットに大興奮!値段の安さに感動!ウドちゃんが子供の頃から大好きな茶碗蒸しもセットになっていて大満足♪茶碗蒸しの優しい味と、優しいご夫婦に癒されました♪

「海蔵川」へやってきたウドちゃん。残念ながらこの日は開花前でしたが、今にも開きそうな蕾と穏やかな陽気に、春の訪れを感じることができました♪次に視聴者情報でいただいた「川の市」を目指します!しかし残念ながらウドちゃんが訪れた時間帯は終わりがけ・・・。「来るのが遅い!」と言いつつも、味の染みた大きな出し巻きたまごや、ジューシーなプチトマトをくれる優しい出店者の皆さん。どちらも美味しくいただきました♪

さらに視聴者情報でいただいたスケートボードの練習場「サウスツリー」へ。将来オリンピックの金メダル候補!?小学生ながらスケートボードのプロ選手になった男の子が練習しているとのこと。運良くお会いすることが出来ました♪実際にプロの腕前を見せていただいたウドちゃん。プロの技を目の前に大興奮!!四日市の星、来夢くんに元気をもらい、スケートパークを後にしました。

その後も視聴者情報でいただいた和菓子の「いしざき」へ。笑顔の素敵なご主人が迎えてくれました♪早速「いちご大福」を購入♪お土産にしてもらうとついてくる、ご主人の心のこもった「メッセージカード」。数ある中からウドちゃんに合ったメッセージを選んでいただきました!内容は後のお楽しみに♪

期待に胸をふくらませつつ、河原に向かいました。そこでメッセージカードを確認♪書かれていたご主人の優しい言葉。いちご大福の優しい味とともに、ウドちゃんの心に染みました。春うららかな陽射しの中、心も体もほっこりさせていただいた四日市の旅となりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#390 5月ONAIR

#390:霞み富士 奇妙な三角関係? 静岡・島田市編

「静岡・島田市」を旅してゴメン!旅のスタートはJR島田駅。歩いていると、公園のステージに寝転んでいる少年が!小学校を卒業したばかりで、名前は魅仁(かいと)君とのこと。すっかり打ち解けた二人♪中学ではバレーボール部に入りたい!という魁仁くんと、一緒にボール遊びをすることに♪バレーを真似て遊んでいると、通りがかりのおじいさんも加わって、3人で投げ合うユニークな展開に♪暖かい春の日差しの中、楽しいひと時を過ごしました♪

そんなほっこりする出会いがあった商店街を歩いていると、愉快な文句が書いてある張り紙を発見!それは「悪口コンテスト」という、島田市が毎年行っているコンテストの受賞作品の数々でした。お腹がすいたウドちゃんは、そば処「岩井屋」さんへ。名物「焼豚おろし」を頂き、蕎麦と大根おろし、ジューシーな焼豚という意外な組み合わせに大満足♪コンテストのきっかけとなった通称「悪口稲荷」御陣屋稲荷を目指しました。

お参りを済ませ、視聴者情報でいただいた「牧之原公園」に向かおうとしたその時!先程一緒に遊んでくれた魁仁くんと偶然の再会!実は魁仁くん、遊んでくれたお礼にとジュースを買ってウドちゃんを探してくれていたんです!魁仁くんの優しいキモチに大感動!忘れられない素敵な出会いとなりました♪

続いて「牧之原公園」へ。そこは晴れていれば富士山と大井川、大井川鉄道のSLが走る島田市の風景を一望することができる絶景スポット!この日は残念ながら雲で霞んで富士山は見られませんでしたが、地元のお父さんが撮影した富士山の写真を見せていただき、富士山と大井川、大井川鉄道のSLの競演を見ることができた気持ちになれたウドちゃんでした♪

最後に向かったのは、韓流スターがきっかけで人気となった「おんな泣かせアイスクリーム」が買える中屋酒店。ご家族で営む酒屋さんですが、お店の奥はまるで昭和の「コップ酒場」!おんな泣かせアイスと、地酒「おんな泣かせ」を美味しく頂いたウドちゃんは地元のお客さんと大盛り上がり♪素敵な出会いが満載だった今回の旅を大満足で締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#391 5月ONAIR6月ONAIR

#391:城下町で芽吹くキモチ 三重・松阪市編

「三重・松阪市」を旅してゴメン!これまで何度も訪れた松坂市、今回は近鉄「松ヶ崎駅」から旅をスタート!歩いていると、畑の畝を作っているお父さんと出会います。畑にある甘夏の木に目が留まったウドちゃん。「ちょっと酸っぱいかも?食べてみる?」とお父さん。案の定・・・「酸っぱい!!でも美味しい!」と大リアクションのウドちゃんでした♪

お父さんとお別れしたウドちゃん。今度はお庭のお手入れをしているお母さんと立ち話に♪とても立派な松!…と思ったら槇の木だそうで、お父さんが手入れしているとのこと!プロ顔負けの剪定に、感心しきりのウドちゃんでした。

風情ある格子戸の家並みが残る伊勢街道を散策していると、目の前がひらけ、のどかな田畑、遠くに春を迎え生きいきと木々が茂る山々が広がりました!ヒバリのさえずりに耳を傾けたり♪松阪の雄大な自然にしばし癒されたウドちゃんでした♪

続いて視聴者情報でいただいた「時計屋なかの」へ。お店を目指し商店街を歩いていると「モーちゃん饅頭」という張り紙に目が留まり、お邪魔したのは「たつみ堂」という和菓子屋さん。「モーちゃん饅頭」は、甘いあんこに松阪牛のしぐれ煮を混ぜた画期的なお饅頭でした!あんこの甘さと松阪牛の旨味がバランスよく融合したお饅頭をいただいたウドちゃん♪明るいお母さんに「時計屋なかの」までの道も教えていただきました。アンティークの腕時計や壁時計を販売していて、全国!から修理依頼が来るというお店。お店の中にはたくさんのアンティークの時計が、所狭しと並べられていました。ご主人にお話を伺っていると、一斉に鳴り出す店内の壁掛け時計!個性ある音色に聞き入るウドちゃん。そしてウドちゃんとなんと同じ年!昭和45年生まれの腕時計を試着させていただくことも出来ました♪

最後の視聴者情報で訪れたのは、納豆工場に併設されたアンテナショップ「奥野食品たぬみせ納豆工房」。全て国産大豆で作るこだわりを持つ納豆メーカー。その納豆を使った料理を工場2階のレストランでいただきました。納豆メーカーならではの、「納豆ビール」!や「納豆揚げランチ」に下鼓♪納豆づくしを満喫したウドちゃん♪松阪の雄大な自然と温かい人々、またちょっと変わった一面にも出会うことができた旅となりました♪

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#392 6月ONAIR

#392:伊勢の下町 人情の町 三重・伊勢市編

「三重・伊勢市」を旅してゴメン!近鉄山田線「宮町駅」をスタート!さっそく気になるモノを発見!暖簾に書かれた「うどん・もち」。お邪魔した「ひおきや」さんは創業70年以上の老舗で、名物のお餅などすべて手作りのお店。75歳のお母さんたった1人で切り盛りしていました!そんなお母さんの元気の元は、週に2日リヤカーで野菜を売りにくる御年90歳のおばあちゃんとのこと!ぜひ会ってみたい!とお店を出た瞬間…、奇跡が!目の前にその“おばあちゃん”がいたのです!話を聞くと、畑で育てた野菜と自家製の漬物を大きなリヤカーにつんで、週に2日売り歩いているそう。しかも行商歴は60年!長年地元の方々に愛され続ける宮町の名物おばあちゃんに、元気をお裾分けしていただいたウドちゃんでした♪

次に訪れたのは、伊勢神宮外宮の別宮、「月夜見宮」。式年遷宮を終えたばかりのお宮さんで旅の安全を祈願。この日は春の例大祭で、ウドちゃん特別にわたがし作りを体験♪お祭り気分を堪能させていただきました♪

伊勢と言えば伊勢うどん!やってきたのは外宮の前で約80年暖簾を守ってきた「山口屋」さん。ウドちゃん、あっという間にペロリと完食♪3代目の息子さんと2代目のチャーミングなお母さんの笑顔にほっこり♪

町をぶらぶら散策していると、デッキブラシを持ったお父さんを発見。聞けば今から地域のゴミ箱を掃除するそう。みんなが使うゴミ箱をひとりでお掃除…お父さんの姿に町を想う気持ちがひしひしと伝わりました。賑やかな精肉店が気になり訪れると、「近くに芸能人がよく来るウナギ屋さんがあるよ!」とお店の方。しかもそこは宮町の町内会長さんが営んでいるお店とのこと。町の町内会長にご挨拶を!と、やってきたのはウナギの「いな妻」。中へ入るとビックリ!そこには先ほど掃除をしていたお父さんが!実はお父さん、宮町の町内会長だったのです!大正15年創業、親子3代で営むお店。気になったのが「いな妻」という店名。由来を聞いてまたまたビックリ!「いな妻」とは“稲妻大五郎”という祖先の方のお名前で、関西で活躍したお相撲さんとのこと!何から何まで驚きの連続でした!伊勢志摩サミットでますます注目される伊勢市。訪れた外宮のお膝元は下町の風情が色濃く残り、人情味に溢れる素敵な町でした♪

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#393 6月ONAIR

#393:世界に轟け 英虞湾の恵み 三重・志摩市阿児町編

「三重・志摩市阿児町」を旅してゴメン!旅の舞台は伊勢志摩サミットで世界から注目を集めた三重県・志摩市阿児町。阿児町の東部、国府駅バス停をスタートしたウドちゃん。歩いていると漁業組合を発見。そこに伊勢志摩サミットのポスターが。ポスターの写真に使われている賢島に興味を持ったウドちゃん。組合の方に行き方を訪ねると、反対方面とのこと。バスを使って鵜方駅経由で賢島を目指すことに!

バス停を探すウドちゃんは、国府の町に住むお母さんたちに出会い、教えて頂いた「志摩国分寺」に立ち寄ります。お堂の繊細な装飾に感動!いつものように旅の祈願と皆さんの安全をお願いし、藤の匂いに誘われ藤棚を見学しました♪

お寺を後にしたウドちゃん。バス停を発見!するも、次のバスまでは1時間ほど・・・。とりあえず歩いて駅を目指そう!と足をすすめると、車で波の様子を見に来ていたサーファーの向井さんに出会います。ヒッチハイクをお願いしようと声をかけると、乗せて行ってくれるというお返事!とても優しい向井さんに甘えて、いざ鵜方駅へ!途中、向井さん行きつけの食堂「おかやま」へ寄り道♪特大のエビフライが3匹もついてお得な値段のランチを頂きました。サクサクでプリプリのエビフライを堪能して大満足♪ウドちゃんの分の食事代まで出してくださる、どこまでも親切な向井さん!そんな向井さんに感謝の気持ちを伝え、鵜方駅でお別れしました。

観光案内所を訪ねてみると、さすがサミット開催地!英語もOK!とのことで、ウドちゃん案内所のお母さん達と英語でのコミュニケーションに挑戦して大盛り上がり♪英語堪能なお母さん達。それもそのはず、元英語の先生とのことでした!お母さん達とお別れし、バスに乗って訪れた賢島では、眺めの良い場所を探します。道中大きなマンボーのモニュメントに誘われ、訪れたのは「志摩マリンランド」。スタッフの方に声をかけると、場内の展望台から英虞湾が望めるとのことで、案内していただけることに♪途中マンボーの水槽の前を通り、その悠々とした姿に感動!展望台で小雨に煙る英虞湾の情景にまたまた感動!さらに海女さんの魚の餌付けショーも見学し大満足♪志摩市阿児町のたくさんの魅力に触れ、優しいみなさんとの出会いに感謝!再会を楽しみに、旅を締めくくったウドちゃんでした♪

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#394 6月ONAIR

#394:新緑かがやく 香恋の里 愛知・豊田下山編

「愛知・豊田下山」を旅してゴメン!旅をスタートしたウドちゃん、軒先のモミジが綺麗に剪定されたばかりのお宅を発見。お家の方に声をかけると、「近くのお寺の藤の花がキレイだよ」と教えてくれました。藤の花が大好きなウドちゃんはさっそくお寺へ♪ご住職を訪ねると、藤の花の下に健康舗道があるとのこと。興味を持ったウドちゃん、まず本堂でお参りしてから向かうことに。本堂を訪れたウドちゃんは、美しい装飾に目を奪われます。それは見た人を一瞬で元気にする、鮮やかで明るく美しい配色でした!

いつもの様に、旅と皆さんの安全をお願いして藤の花のもとへ。ウドちゃん裸足になり健康舗道に挑戦!舗道の上を歩きながら、「痛い!」「美しい!」「痛い!」「美しい!」と大絶叫!健康になるための試練?を乗り越え、藤の花の美しさをより深く感じられたウドちゃんでした。

お寺を後にしたウドちゃん。「三河湖」と書かれた看板を発見し、湖を目指すことにしますが、かなり遠いことが判明!覚悟を決めて歩き始めると、運良くタクシー会社を発見♪出てきてくれたのはお母さん。家族でタクシー会社を経営していて、運転手としても働いているお母さんの運転で三河湖へ♪道中、新緑が美しい山々と自然の風を感じながら楽しいドライブ♪ダムに着いたウドちゃん。珍しく水が真横に出る放水を見て感動の大絶叫!一転、ダムの壁を隔てた反対側の湖は湖面に波打つ穏やかな景色。まさしく「静と動」といった言葉が似合う光景でした。

ダムを見学した後は、楽しみにしているダムカードをもらいに管理事務所へ。お目当てのカードを手に入れることができたウドちゃん、「全国のダムカードを集めたい!」と大きな野望を胸に大満足でダムをあとにしました♪最後に視聴者情報でいただいた五平みそ味のジェラートが食べられる「山遊里」へ。さっそくジェラートをいただいたウドちゃん。一見、変わり種のように思える五平みそ味のジェラートですが、味噌の風味と旨味が口の中で溶けるやさしい味♪下山の五平餅の味噌には少しショウガも入っているそうで、ジェラートからほのかに感じられる隠し味もまた絶品でした!豊田下山のやさしい味と優しい人々、美しい山々に癒された今回の旅でした♪

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

#395 6月ONAIR

#395:そよぐ風 水の都でどんぶらこ 岐阜・大垣市編

「岐阜・大垣市」を旅してゴメン!歩行町(おかちまち)というちょっと変わった読み方のバス停をスタート!街の案内看板に乗舟場の文字を発見したウドちゃん。これはぜひ乗ってみたい!と川沿いを歩いていると、どこからともなく笛の音が。音のする方へ行ってみると、大垣祭り準備中の地元の方々と、立派なからくりをのせた軕(やま)に出会います。この日は本番を前に、“町内渡し”というお披露目の行事があるとのこと。ウドちゃんからくり人形の逆立ちを見て大興奮!軕の方向転換をお手伝いさせていただき、またまた興奮!「1年に2日だけど、みんなが集まることの出来るありがたい行事」と話すお父さん。大垣祭りは地元の方をひとつにする、子供達の学びの場でもあるとのことでした。

過去3回訪れた大垣市。続いてウドちゃん、見覚えのある商店街を横切り、大垣城に辿り着きます。お城の展望室から大垣の町を一望するも、舟は発見できません。しかし、一日に彦根城、岐阜城、大垣城を回ってきた!というパワフルなご家族に出会うことが出来たウドちゃん♪ご家族に元気をもらい、再び乗船場を目指します。ようやく辿り着いた乗船場では、気まま旅にはこういった事も付き物…「あいにく予約で満席」とのこと。ですが、たらいがクレーンで川に下ろされる姿が見られるとのことで、気を取り直して橋に向かいます。その様子を見学していると…なんとキャンセルが出た!と受付のお母さんが走ってきてくれました!ということで、念願の水門川たらい舟下りを体験♪船頭のお父さんに乗せていただき、橋の下で大きな声を出して2人で大盛り上がり♪水門川たらい船下り名物のカメにも遭遇♪歴史ある大垣城の外堀の石垣も見ることができ、最後は船頭さんと俳句の読み合いっこ♪陽気な船頭のお父さんのおかげで、あっという間のたらい舟下りとなりました♪

最後は視聴者情報でいただいたシャーベット状のにごり酒を造っている「三輪酒造」へ。出来立ての美味しさを商品にしたい一心で作ったと会長さん。シャーベットの食感と余韻が残る深い味にウドちゃん舌鼓♪溶かしていただくワンアクションも楽しい♪夏にピッタリのお酒でした。涼やかな舟下りに冷たく爽やかなお酒、水の都大垣で夏を先取り♪次は大垣祭りにも参加したい!と大満足で旅を締めくくりました。

ウドちゃんの旅してゴメン ウドちゃんの旅してゴメン

(C) メ~テレ

Pickup
おすすめ番組