トライアングル

 
トライアングル

ジェジュン初主演ドラマ!生き別れになった3兄弟の数奇な人生を描く、ドラマチックなトライアングル・ラブストーリー。

年度 ノーカット版 日本語字幕版 韓国 時間 話 HD

江原道・舎北(サブク)は、かつて炭鉱で栄えた街だったが、現在はカジノリゾートで知られている。家族も金もないホ・ヨンダル(キム・ジェジュン)は、チンピラ同然のその日暮らしの生活を送っていた。手元の金が尽きてしまい、ヤクザの兄貴が隠した大金を黙って使い込み、それが発覚して大騒ぎになる。
一方、ソウル地方検察庁、広域捜査隊の班長のチャン・ドンス(イ・ボムス)は連続殺人事件の容疑者コ・ボクテ(キム・ビョンオク)の身柄を拘束したものの、不覚にも簡単に釈放してしまう。情報屋として協力してくれる人物を探しているドンスはヨンダルを紹介されて会いに行くが、彼は危機一髪の状態でヤクザから生き埋めにされるところだった。ドンスのおかげで九死に一生を得たヨンダルは、ドンスの希望どおり情報屋として働くことを承諾する。身分は正反対の2人だが、なぜか互いに親しみを感じ、兄弟のような関係を築いていく。
ある日、ヨンダルはカジノで気にくわない男に出会う。その男は、テジョングループの会長の一人息子ユン・ヨンハ(イム・シワン)だった。テジョングループの跡取りとして誰もが羨む存在だったが、ヨンハは自分が養子だったことを知る。真実を知り、急に不安にさいなまれ、徐々に金の亡者となっていくヨンハ。ヨンダルとヨンハはカジノでディーラーとして働くジョンヒ(ペク・ジニ)に好感を持つようになり、ライバル関係に発展する。
全く身分の違う3人の男、ヨンダル、ドンウ、ヨンハ。彼らは数奇な運命に導かれ、トライアングルのような奇妙な関係を築いていく。そして、3人の驚くべき秘密が明かされるが…。

On Air Schedule
エンタメ~テレ☆シネドラバラエティ オンエアスケジュール

6
2022 June

#20
3(金)13:35-

#21
6(月)11:20-(初)
10(金)13:35-

#22
13(月)11:20-(初)
17(金)13:35-

#23
20(月)11:20-(初)
24(金)13:35-

#24
27(月)11:20-(初)

7
2022 July

#24
1(金)13:35-

#25
4(月)11:20-(初)
8(金)13:35-

#26(最終回)
11(月)11:20-(初)
15(金)13:35-

この番組は、「スカパー!サービス(CS301)」「スカパー!プレミアムサービス」「スカパー!プレミアムサービス光」「ひかりTV」「J:COM」「エンタメ~テレ導入のケーブルテレビ」にてご視聴いただけます。
※「SPOOX」「Amazon Prime Videoチャンネル」ではご視聴いただけません。
番組表はこちらから

Cast
出演

キム・ジェジュン、イム・シワン、イ・ボムス、ペク・ジニ、オ・ヨンス

Staff
スタッフ

演出:ユ・チョルヨン
脚本:チェ・ワンギュ

Episode
番組内容

#1 

第1話「チンピラとやっかい者の刑事」
ホ・ヨンダルは、カジノリゾート舎北(サブク)で遊ぶチンピラだ。カードでスッてしまい、刑務所にいるギチャン兄貴が隠したカネを掘り出し、無断で1億ウォン借りてしまう。ソウル警察の刑事チャン・ドンスは、暴力団のボス、コ会長を乱闘の末逮捕するが、令状が取れずに上司に叱責される。度重なるコ会長に対する誤認逮捕に、本庁の監察班は、ドンスの精神鑑定をプロファイラーのファン・シネに依頼する。彼女はかつてドンスの恋人だった。

トライアングル

#2 

第2話「ヨンダル、大金を手に入れる?」
コ会長がカジノで資金洗浄をしているという情報を得たドンスは、ヨンダルに情報屋になれと誘う。カード好きでカジノの駐車案内をしているオ・ジョンヒは、両親を亡くし、祖母と弟2人を養い、借金に苦しんでいた。そのジョンヒを私設カジノの経営者チャンママはディーラーとして雇う。カジノで大負けしたヨンダルはチャンママの店に行き、一目惚れのジョンヒの前で有り金をするが、ギチャン兄貴が刑務所で死亡、50億ウォンが転がり込む。

トライアングル

#3 

第3話「クロスする3人の人生」
ジョンヒは勤めているカジノで、チャンママの店でヨンダルを負かした若者に出会う。違法カジノで働いていた件をほのめかされ、ジョンヒは意を決して若者のホテルの部屋を訪れるが、彼は飲み相手を求めているにすぎなかった。その若者は、カジノを経営するテジョングループのユン会長の息子ヤンハだった。一方、引っ越し先を探していたヨンダルはジョンヒの家に間借りをし、ドンスはシネの治療を受け入れ、少年のころの記憶を語り始める。

トライアングル

#4 

第4話「ヨンダルをドンスが救う」
チャンママの店が手入れを受け、一緒に逃げ出したヨンダルとジョンヒ。途中でヨンダルは数人の男たちに襲われ、刺されてしまう。翌朝、帰ってこないヨンダルを心配して、ジョンヒはヨンダルの親友ジャンスと捜し回る。ヨンダルからの電話で舎北に駆けつけたドンスたち広域捜査隊に、からくも命を救われるヨンダル。襲ったのはフィリピンに逃亡した、ギチャンの仲間イ・ジョンスが、ギチャンの殺害と50億の確保を依頼した日本のヤクザだ。

トライアングル

#5 

第5話「コ・ボクテの伝説」
元の持ち主に返すと言って、コ・ボクテはヨンダルたちから50億を巻き上げる。舎北のチンピラからのし上がったコ・ボクテの伝説をジャンスの父親から聞かされ、俺もと思うヨンダルに、突然ふってわいたコ・ボクテが自分を認めてくれたという話。舞い上がったヨンダルがコ・ボクテに忠誠を誓っているところに、ドンスが現れる。恩人であるシネの父親の警視正に圧力をかけ捜査を妨害しようとするコ・ボクテに、ドンスの怒りは増すばかり。

トライアングル

#6 

第6話「ヨンダルの悩み、ジョンヒの戸惑い」
ドンスと一晩飲み明かしたヨンダル。チンピラを集めてワンゴニ組を組織し、カジノへの進出を図る。希望がかないジョンヒはディーラーの研修生になる。ヤンハも研修生になって、ジョンヒの借金を肩代わりするが、それを負担に感じたジョンヒは、先輩から借金をして返済する。暗い顔のジョンヒを見て、ヨンダルはバイクで海岸に連れていく。ドンスを消せというコ・ボクテの指示を受けているヨンダルに、ドンスから電話がかかってきた。

トライアングル

#7 

第7話「ヤンハ、カジノ事業本部長に就任する」
コ・ボクテの指示を打ち明けたヨンダルに、俺に任せろと謎めいたことを言ったドンスが、辞職した。テジョンのユン会長に事業への参画を拒否され、コ・ボクテは昔のチャン・ジョングク殺人事件を持ち出し、会長をゆする。それを盗み聞きし、事件の詳細をユン会長から聞き出したヤンハは、カジノ事業本部長に就任、コ・ボクテに宣戦布告する。そして、ヨンダルとジョンヒの親しそうな様子を目撃すると、ヨンダルにカードの勝負を持ちかける。

トライアングル

#8 

第8話「ヨンダル、私設カジノを手に入れる」
ヤンハの指名で呼ばれたジョンヒがカードを配る。それも見ないでヨンダルは5000万ウォン全てを賭ける。誰もがあきれる一発勝負で、ヨンダルは見事勝利する。ドンスは父親チャン・ジョングクの死の真相と兄弟の行方を調べに舎北を訪れ、父の死がコ・ボクテの仕業と聞くと、彼をぶちのめし病院に送る。ヨンダルは資金洗浄の動きを把握するため、隠しカメラを利用したインチキ賭博で19億ウォンを稼ぎ出し、チャンママの店の権利を要求する。

トライアングル

#9 

第9話「コ・ボクテの懐に入るヨンダル」
テジョンのユン会長は、コ・ボクテとの戦争を前にしてドンスを雇い入れる。ドンスは、ユン会長が父親殺害の首謀者ではないかという疑いを抱きつつ、承諾する。報復の機会を狙うコ・ボクテはドンスを拉致、ヨンダルに命じてドンスを殴らせる。かすかにうなずくドンスにためらいながら拳を振るい続けるヨンダル。コ・ボクテの懐に入り込んだヨンダルに次の難題が降りかかる。テジョンのカジノでイカサマ勝負をしろというコ・ボクテの命令だ。

トライアングル

#10 

第10話「ヤンハの逆襲」
ヤンハの下で働くドンスは、ヨンダルのイカサマ勝負がカジノ側に知られているのに驚き、ヨンダルに連絡する。イカサマを中止したヨンダルは、無謀にも真剣勝負を挑み大勝ちする。噂は舎北中に伝わり、イカサマを待ち構えていたヤンハは腹の虫がおさまらない。ドンスの身上調査を命じたヤンハは、ドンスがチャン・ジョングクの息子と知ると、その情報をコ・ボクテに伝え、ヨンダルを刑務所にぶち込むことを条件に、手を結ぼうと提案する。

トライアングル

#11 

第11話「50億ウォンの代償」
ヨンダルの私設カジノに手入れがあり、コ・ボクテにも見放され、ヨンダルたちは刑務所暮らしが続く。囚人たちを牛耳っていたのはギチャンの兄貴分のマンボンで、50億ウォンの真の持ち主だと名乗り、返済を迫ってヨンダルたちを痛めつける。面会に訪れ、ギャンブルに人生を懸けないでと訴えるジョンヒの願いに耳を傾けるヨンダル。一方、ドンスはユン会長の金庫から裏金関連の秘密文書を手に入れ、シネもユン会長と政界の癒着を調べる。

トライアングル

#12 

第12話「ドンスとヨンダルの逆襲」
ドンスに父親が脅されたことを知ったヤンハは、挑発してドンスに殴らせ、暴行罪と収賄容疑でドンスを刑務所に送る。ドンスは、私設カジノの手入れの裏にヤンハとコ・ボクテがいたことをヨンダルに告げ、ヨンダルはカジノの仕組みや勝負の仕方をドンスに教え、2人は逆襲の策を練る。1年後ヨンダルが出所、やや遅れてドンスも出所した。大負けしたVIP会員を集め、上限以上の掛け金を黙認しているテジョンカジノ相手に集団訴訟を起こす。

トライアングル

#13 

第13話「ヨンダルの切り札」
しばしの別離は、2人の仲を急速に近づけた。ヨンダルは、ジョンヒの言う「恥じない生き方」には自信がなかったが、ジョンヒの好意には応えようと思った。集団訴訟の噂でテジョンの株価が下がり始める。リゾート事業の資金の捻出に自社株の一部を手放そうと考えていたユン会長は、新たな資金繰りに動くが、ドンスが先回りして邪魔をする。そして切り札は、ヨンダルが刑務所で面倒を見たあのじいさん、大物金融業のアン・チャンボンだ。

トライアングル

#14 

第14話「よみがえる記憶」
ヤンハから資金提供を依頼されたアン・チャンボンは、ヨンダルのシナリオどおり、自分の側の人間を1人テジョンが受け入れるという条件を付け、認めさせる。ヨンダルからテジョンに乗り込んでくれと頼まれ、ドンスは父親の無念を晴らす時が来たと喜んだ。シネから催眠療法を受けていたヨンダルは、子供のころの記憶を次第に取り戻す。兄と弟の3人兄弟で、別れ別れになったこと。そして、自分の名前がドンチョルで、弟がドンウだったこと。

トライアングル

#15 

第15話「ひん死のドンス」
ドンスはヨンダルと電話中にコ・ボクテの手下に腹部を刺される。ドンスが兄だと判明したのに、その兄はひん死の重傷で意識が戻らない。父を殺され、今また兄が危篤の状態とは。ヨンダルの怒りは収まらず、未来を語るジョンヒの言葉も耳に入らない。コ・ボクテは殺人教唆で逮捕されたが、実行犯は既に消されていた。理事たちがそろったテジョンの会議室に、アン・チャンボンが現れる。後ろにホ・ヨンダル、いやチャン・ドンチョルの姿が。

トライアングル

#16 

第16話「ヨンダル、テジョンカジノの理事になる」
ヤンハの猛反対を退け、ユン会長はヨンダルを理事として受け入れる。アン・チャンボンはカジノ運営のプロを補佐につけ、ミン社長やジャンスたちもテジョンカジノの情報を事前に入手し、ヨンダルを支える。初めての理事会、ドンスとヨンダルが兄弟だと知って待ち構えるユン会長の前で、ヨンダルは売上低迷の打開策を提言し、拍手を得る。ジャンスやジェリと共にほっと一息つくヨンダルに、ドンスの意識が戻ったというシネの連絡が…。

トライアングル

#17 

第17話「左遷されたユン・ヤンハ」
ヨンダルの提言に感心したユン会長は褒美にヴィラのスイートを提供する。恩人たちを呼んで開いたパーティーに浮き立つジャンスたち。これから始まる泥沼の戦いにジョンヒたちを招くこともできず、ヨンダルの顔は暗い。ユン会長はヤンハを閑職に回し、ヒョン室長を本部長に命じる。養子のヤンハをテジョンの後継者としてしか見ない非情さだ。実行犯が見つからず釈放されたコ・ボクテは、釜山(プサン)からハン・ミョンジェを呼び寄せる。

トライアングル

#18 

第18話「拉致されたジョンヒ」
ヨンダルの指示で中国人客の誘致のためにマカオに行ったジャンスは、ヤンハの妨害で身柄を拘束され、功績もヤンハに横取りされる。ジャンスの身を案じるヨンダルに、ジョンヒを拉致したハン・ミョンジェから脅迫の電話がかかる。助けを求めるジョンヒの声が聞こえるが、シネの助言どおり、ヨンダルはジョンヒとの関係は終わったふりをし続ける。ヨンダルの言葉に傷つくジョンヒ。ヤンハはコ・ボクテと取り引きし、ジョンヒの解放に成功する。

トライアングル

#19 

第19話「明かされるヤンハの秘密」
ヤンハとジョンヒの関係が少し接近する。その分、ヨンダルとジョンヒの間に隙間風が吹く。ユン会長はドンスとヨンダルの問題が解決しないことにしびれを切らし、コ・ボクテを責める。コ・ボクテにせかされ、ハン・ミョンジェは手下を舎北に集め始める。ヨンダルはカジノを武器に、ハン・ミョンジェを破滅させる手立てを考える。一方、シネからヤンハが末弟のドンウかもしれなといと聞かされたドンスは、テジョンのキム専務に会い真実を知る。

トライアングル

#20 6月ONAIR

第20話「30億ウォンの一発勝負」
ハンチャングループから契約破棄の通告がテジョンに来る。原因がヤンハとジョンヒの関係をソン会長の娘ユジンが知ったためだと分かると、ユン会長は2人に解雇を命じる。ヨンダルの作戦は見事にハマった。ハン・ミョンジェをテジョンのVIPルームに誘い、相手を務めたミン社長が、ハン・ミョンジェの心理につけ込んだイカサマなしの勝負で追い詰め、最後は30億ウォンの一発勝負でケリをつけた。ミョンジェは約束どおり釜山に帰った。

トライアングル

#21 6月ONAIR

第21話「ユン会長のたくらみ」
ドンスはドンウの幸せを考えここらで手を引こうとヨンダルに提案、それを拒否しながらも悩むヨンダル。ヤンハはユン会長にチャンスをくれと申し出、ジョンヒは理由のない不当な解雇だと、勤務し続けた。ユン会長の指示で買収や資金洗浄をしていたカン・ソンテが、舎北に姿を表した。ヨンダルは彼を利用してユン会長を検察に引き渡す計画を練る。キム専務からヤンハの身の上を聞いたユン会長は、ヤンハをテジョンカジノの社長に任命する。

トライアングル

#22 6月ONAIR

第22話「ヤンハ社長、検察に連行される」
自分の身代わりに検察に出頭してくれというユン会長の頼みを断れぬヤンハ。それを知ったヨンダルは身代わりになるのはやめろと忠告し、自分が兄のドンチョルだと告げる。記憶すらない実の親より育ての親が大切だと、耳を貸さないヤンハにヨンダルは悩む。ヤンハが検察に連行され、ヨンダルはヤンハの釈放のために手を打つ。そのかいあって数日後ヤンハは釈放、捜査も打ち切りになる。喜ぶドンスとヨンダル。しかし、ユン会長の反撃が始まる。

トライアングル

#23 6月ONAIR

第23話「アン会長、交通事故に遭う」
ヨンダルの後ろ盾のアン会長が交通事故に遭った。仕組んだのはユン会長に命じられたヒョン本部長だ。会長は更に、ヨンダルの始末をヤンハに命じる。ドンスに頼まれ、ジョンヒは一緒に写った幼いころの写真を見せて、怒るヨンダルの心を和ませる。ヤンハは、ヨンダルを解任する株主総会を計画するが、アン会長がテジョンの全持ち株をヨンダルに譲渡したと知り、諦める。それを見越して、ユン会長はヒョンにヨンダルの始末を命じる。

トライアングル

#24 6月ONAIR7月ONAIR

第24話「母を失った3兄弟」
ヒョン本部長は、コ・ボクテの部下にヨンダルを車で襲わせるが失敗する。ジョンヒからヤンハのおかげで助かったと聞かされたヨンダルは、「お前が必死に守ってるものはそれほど価値があるのか」とヤンハに問う。アン会長殺人教唆の罪でヒョン本部長は逮捕されるが、否定し続けて釈放される。突然、携帯に実母の訃報が入り、ドンスは葬儀場に駆けつける。やがてヨンダルや仲間が。翌朝、姿を現したヤンハは、兄たちに声をかけずに去る。

トライアングル

#25 7月ONAIR

第25話「コ・ボクテの敗北」
後継者の座に近づいたヒョン本部長は、ヤンハの殺害をコ・ボクテに促す。その情報をつかんだドンスとヨンダルの警告を、ヤンハは無視する。殺し屋がヤンハの背後に迫ったところをからくもヨンダルが救う。ヨンダルの指示でミン社長はひそかにチョンジン建設の白地小切手を集め一斉に換金する。金額は600億ウォン。やむをえずコ・ボクテはテジョンの株を手放し、その株をミン社長が買い取る。コ・ボクテは金策にも失敗、不渡りを出す。

トライアングル

#26 7月ONAIR

第26話(最終話)「ユン会長の選択」
コ・ボクテの部下たちがヤンハを拉致しようとする。駆けつけたドンスとヨンダル、そしてマンボンたちが入り乱れて乱闘する中、ヤンハは腹を刺されて命を落とす。「父親を2度も失いたくない」というヤンハの最期の言葉をドンスは伝えるが、会長の態度は変わらない。密航を企て腹心の部下スチャンに見放されたコ・ボクテは、会長の悪事をばらし、ヒョン本部長は、裏金のファイルを検察に渡した。もはやユン会長の取る道は1つしかなかった。

トライアングル

(C) MBC

Pickup
おすすめ番組