• HOME > 
  • 韓流 > 
  • ピンクのリップスティック
ピンクのリップスティック

2月5日 START NEW!
ピンクのリップスティック

朝ドラでは異例の大ヒット!最高視聴率23.6%を記録した復讐劇の真骨頂。幸せな生活から一転し、夫だけでなく友人にも裏切られた女性が復讐に身を委ねる!

年度 ノーカット版 日本語字幕版 韓国 時間 話 HD

最愛の夫と親友に裏切られ、復讐に身を委ねる女性の波乱万丈な生き様を描いた話題作。朝ドラとしては異例の高視聴率を獲得し、韓国中の主婦層がくぎづけとなったドラマ。主演のパク・ウネは、清純な女性から裏切りを知って復讐のために魔性の女へと変貌していく演技が絶賛され、その年のMBC優秀演技賞を受賞した。

お嬢様で心優しいガウンは大学時代に知り合った初恋の男性、ジョンウと結婚し、専業主婦として幸せな生活を送っていた。しかし、ジョンウはガウンの親友のミランと不倫をしており、ガウンの父親の経営するアパレル会社の乗っ取りに成功すると、ガウンをあっけなく捨てようとするのだった。その上、流産して子供を産めない体になったガウンが、養子として育てていた愛するナリがジョンウとミランの間にできた子供だったことを知り、立ち直れないほどのショックを受ける。 父を死に追いやり、家族の幸せを奪い、自分を裏切り続けたジョンウとミランに復讐するために、1か月間姿を消したガウンは、まるで別人のようになって現れた。

On Air Schedule
オンエアスケジュール

2
2019 February

#1
5(火)11:00-(初)

#2
5(火)11:45-(初)

#3
6(水)11:00-(初)

#4
6(水)11:45-(初)

#5
7(木)11:00-(初)

#6
7(木)11:45-(初)

#7
12(火)11:00-(初)

#8
12(火)11:45-(初)

#9
13(水)11:00-(初)

#10
13(水)11:45-(初)

#11
14(木)11:00-(初)

#12
14(木)11:45-(初)

#13
19(火)11:00-(初)

#14
19(火)11:45-(初)

#15
20(水)11:00-(初)

#16
20(水)11:45-(初)

#17
21(木)11:00-(初)

#18
21(木)11:45-(初)

#19
26(火)11:00-(初)

#20
26(火)11:45-(初)

#21
27(水)11:00-(初)

#22
27(水)11:45-(初)

#23
28(木)11:00-(初)

#24
28(木)11:45-(初)

番組表はこちらから

Cast
出演

パク・ウネ、イ・ジュヒョン、パク・クァンヒョン、ソ・ユジョン、ナム・イル、キム・ヨンラン、ムン・ジユン、キム・ミンザ、MayBe、トッコ・ヨンジェ、ソン・ウン

Staff
スタッフ

演出:チェ・チャンウク
脚本:ソ・ヒョンジュ

Episode
番組内容

#1-10 2月ONAIR

第1話
ある晩、ユ・ガウンの家に親友のキム・ミランが酒に酔って訪ねてきて、一人娘のナリに絡む。ちょうどそこに夫のパク・ジョンウが帰宅し、酔っているミランを自宅まで届けることに。ミランが携帯を忘れていることに気づき、慌てて追いかけたガウンは、2人のただならぬ様子を目撃する。時は変わって6年前。ガウンはジョンウとの結婚式を控えて浮かれていた。一方、ミランは恋人のジョンウに会うため、留学先のニューヨークから韓国へ帰国する。

第2話
ミランを迎えに空港に行ったガウンは、ミランが飛行機で隣に座った男性ハ・ジェボムと一緒に現れたため、ジェボムがミランの恋人だと勘違いをしてしまった。ジェボムの弁解に耳も貸さず、浮気男と決めつける。夜、ガウンがミランとベッドでくつろいでいると、ジョンウから呼び出しの電話がかかってきた。ささやかなイベントを用意してくれたジョンウに感激し、ガウンはミランに連絡を入れ、婚約者と今すぐ会ってほしいと伝える。  

第3話
ミランが駆けつけると、ガウンの横にいる男性は自分の恋人ジョンウだった。ミランはショックで声をかけられず、思わず隠れてしまった。ガウンとミランは姉妹同然だった。家族に恵まれぬミランは、ガウンの両親の援助で留学もできたし、帰国後もガウンの家で世話になっていた。ミランはジョンウの会社を訪ね、あなたに会うために帰国したのだと気持ちを伝えるが、ジョンウはミランに愛しているとだけ答えて会社に戻ってしまう。   

第4話
ジェボムは父親の友人メン・ホゴルの会社に就職し、彼の家に住んだ。本部長の地位に就いたものの、仕事よりバンド活動に興味津々だった。メン会長はそんなジェボムに合併事案を担当させる。ガウンはミランに婚約者を紹介するための会食をセッティングした。それに対抗して、ミランはジョンウに同時間、別の場所に来てほしいと連絡を入れる。祈るような気持ちのミラン。ガウンとの会食を選んだジョンウは、彼女の親友がミランと知ってがく然とする。

第5話
ミランの母親は、ミランとガウンの婚約者ジョンウがただならぬ関係だということに気づき、友人を裏切るようなまねはするなと忠告する。しかし、ミランはジョンウへの思いを断ち切れず、苦しい日々を送った。ガウンとジョンウの結婚式用の写真撮影の日。予約時間がずれたため、ジョンウはミランをホテルに呼び出し、自分の成功への道だと考えてガウンと結婚するが、いつか必ずミランのもとに戻ると約束する。

第6話
ガウンの母親の頼みで、ミランは結婚式用の野外撮影に立ち会うことになった。2人の仲むつまじい写真撮影を見て、ミランは思わず目を背ける。やりきれない思いからバーで酒を飲むミラン。ジョンウを呼び出してガウンと別れるよう頼み込むが、ジョンウは、自分を信じて待つか、おとなしく身を引けと言うばかり。ガウンの妹ヨンウンは、バイト先の上司であるジェボムが歌をうたっているライブハウスで、見知らぬ女性と髪を引っ張り合うケンカをした。

第7話
ケンカの相手は、子どもを母親に頼んで遊びに来ていたジョンウの妹ジョンヒだった。ジョンヒの母親は、相手が誰だか分からないまま、ガウンの義母ヘシルを電話で罵り、慰謝料を請求する。一方的な言い分に怒ったヘシルは、弁護士に相談して痛い目に遭わせてやろうといきをまく。デパートでガウンとジョンウが一緒にいるところを目撃したジェボム。ガウンがミランの恋人とデートをしていると勘違いして、生き方を改めろとガウンをたしなめる。

第8話
上司のジェボムから頼まれてパソコンの修理を手配したヨンウン。そのパソコンの中にミランとジョンウのまるで恋人同士のような写真を見つけて驚いた。ミランに2人の関係を問いただすと、ニューヨークに研修に来たジョンウをガイドしただけだとミランはしらを切る。ガウンからジョンウを取り戻そうとミランは必死だが、ジョンウの意思は変わらない。ついにミランは決意した。私の恋人を紹介すると言って、ダンス教室にガウンを呼び出した。   

第9話
そうとは知らずに、同じ時間にダンス教室に呼び出されたジョンウ。ミランの母親のヒモであるチョから金を要求されたことを伝えると、手切れ金を叩きつけた。ミランとチョがグルで、金目当てだと思い込んだのだ。危うくガウンと鉢合わせしそうになり、ミランが罠をかけたことを知って、ジョンウは怒りを募らせた。一方、メン会長から恋人を家に招待するよう何度も催促されたジェボム。人材派遣会社に頼んで偽の恋人を紹介してもらうものの、失敗に終わった  

第10話
ジョンウからせしめた金で上機嫌の母親とチョに、ミランは怒りを爆発させる。このままでは全てが水の泡と、ジョンウはミランに会って、事実の公表は誰の得にもならないと説得する。しかしミランは、NYで撮った2人の写真を切り札にジョンウを脅す。怒ったジョンウはその場にヨンウンを呼び出し、ミランは口止め料を何度も要求してくるストーカーだと罵った。そして、ガウンがこのことを知ったら傷つくだろうというジョンウの言葉に、ヨンウンはうなずいた。

ピンクのリップスティック ピンクのリップスティック ピンクのリップスティック ピンクのリップスティック

#11-20 2月ONAIR

第11話
ミランはパソコンを引き取るため、ガウンと共にジェボムに会いに行った。飛行機の中でジェボムはミランのパソコンを壊してしまい、修理に出していたのだ。しかしパソコンには写真がなかった。ジョンウに頼まれヨンウンが削除していたのだ。ジョンウの策略は周到だった。ミランをガウンの家から連れ出し結婚式までおとなしくさせるという条件で、母親とチョに口止め料を握らせると、ミランには指輪を渡し、「お前への愛が冷めたことはない」と抱き締めた。

第12話
ジェボムは父親代わりのメン会長から見合いをするよう強要されるが、理由を付けて固辞し続けた。ガウンとジョンウの結納の日。ヘシルは、結納品があまりにも粗末な宝石だったことにショックを受ける。ジョンウの言葉を本当に信じていいのか。ミランの心は揺れた。酒を飲みたいとジェボムに電話をかける。パソコンの写真を修復できなかったおわびにとやむなく駆けつけたジェボム。結納の話を聞くと、婚約者をガウンに横取りされたと思って、ミランを慰めた。   

第13話
ヘシルとヨンウンはライブでケンカした相手との話し合いに行き、相手がジョンウの妹ジョンヒであることを知って驚いた。そして、同席したジョンウの母親のあまりの傲慢な態度に我慢できなくなったヘシルは、ガウンとジョンウの結婚は考え直すと言って席を立つ。息子の結婚が破談になったら元も子もないと、泣きつく母親にせかされジョンウは、駆けつけたジョンウは、結婚に反対して、ヘシルがパク家の家柄を非難しているのを耳にする。

第14話
ヨンウンも姉の結婚に対する不安を口にした。ジョンウとミランの関係が気がかりだったのだ。だが、ガウンに聞く耳はなかった。反対されればされるほど、ジョンウへの愛を信じたかった。落ち込んだジョンウはバーで酒を飲み、ミランを呼び出して自分の不幸な身の上を嘆いた。2人は恵まれない境遇に育った者同士として慰め合い、一夜を共にした。そして、いつか必ずミランのもとに戻るというジョンウの言葉を聞いて、ミランは涙を流すのだった

第15話
ジェボムは相変わらずメン会長の勧める見合いを固辞し続けた。だが、仕事には精を出し、ノマ百貨店の買収を精力的に進めていった。ヘシルは、ガウンがいくら説得しても意見を曲げず、ジョンウとの結婚を許さない。そこで、ガウンの父親ドングクはジョンウを呼び出し、結婚したら実家ではなく別に住居を構えるよう意見した。ジョンウの母親とジョンヒもユ家に改めて謝罪に訪れ、ヘシルもやっとガウンとジョンウの結婚を承諾した。

第16話
結婚式の当日。ミランの妨害に備えて、ジョンウは後輩のヨンギョとチョに指示を出す。ミランは産婦人科で検査を行うと、妊娠8週目に入ったところだった。子供のためにもジョンウをガウンには譲れない。結婚を阻止しようと式場にやって来たが、入り口でチョに押しとどめられた。母親が交通事故に遭ったというのだ。病院に行き、チョがうそをついたと知ったミラン。何としてでも結婚を阻止しなければと必死の思いで式場に駆け付けた。

第17話
式は終わり、まさに結婚した2人が退場するところだった。ところが、ヨンウンが急に胃けいれんを起こして式場は騒然、ミランもまた追いかけてきたチョたちに取り押さえられてしまった。親せきへの挨拶もできないまま、2人は済州島への新婚旅行に出発した。実家に連れ戻されたミランは、ユ家から荷物を取ってくると言って家を抜け出すと、セミナーに参加するという名目で、ガウンとジョンウのハネムーン先に向かった。

第18話
ガウンとジョンウが滞在するホテルの部屋には、“新郎ジョンウ、新婦ミラン”と書かれたウェディングケーキが飾ってあった。ミランの仕業だ。ジョンウはとっさにミランの名前を消して難を逃れる。バーに来いというメールにジョンウが応じないでいると、ミランは部屋に押しかけた。慌てて部屋を出たジョンウに妊娠したと告白する。ミランは愛の証しとして子供を産む決意を訴えるが、ジョンウはソウルで話し合おうと口を濁した。

第19話
ガウンとジョンウはハネムーンを終えてユ家に挨拶に行った。そこにちょうどミランも現れ、ジョンウに3日間の猶予を与えるからガウンと離婚するようにと迫る。ガウンとジョンウはユ家に泊まり、ガウンはベッドの中で、ガウンが6歳のころ、弟ソンウンがピアノ教室にいるガウンに会いに行こうとして迷子になってしまったこと、ガウンも弟を捜し歩いて誘拐されたこと、さらにはそれが原因で両親が不仲になり、実母が家を出ていったことを告白した。

第20話
ジョンウの母親は食わせ者だ。最初が肝心だと、子どもたちも驚くウソで嫁に難癖をつける。母親と新婦の間で悩むジョンウに、ミランも妊娠を武器に要求ばかり。大忙しのジョンウは、何やら反撃の策をめぐらした。チョとミランの母親は、今度はジョンウの母親を脅迫することを思いつき、うちの娘を捨てた責任を取れと電話する。一方、ジェボムはアメリカにいる父親から無理やり見合いをセッティングされ、相手に嫌われようとしてわざと女っぽく振る舞った。

ピンクのリップスティック ピンクのリップスティック ピンクのリップスティック ピンクのリップスティック

#21-24 2月ONAIR

第21話
ミランの要求に応じてジョンウが家を訪ねると、そこに突然ガウンがやって来た。妊娠したミランの体を気遣って、差し入れに来たのだった。ジョンウは慌てて隠れる。子供の父親は婚約者と結婚してしまったが、すぐに離婚して戻ってくる予定だとミランに聞かされ、まさか自分のことだとは思わず、ガウンは一安心。ガウンと姑の仲を心配するヘシルは、パク家を訪れ、新婚の2人を独立させてほしい、それまでは家政婦を1日おきに通わせると主張する。

第22話
たびたびチョに脅されたジョンウの母親はミランを呼び出し、息子に付きまとうなと罵った。あまりの態度にミランは腹を立て、自分を怒らせたら後悔することになると言って席を立つ。ミランはすべてをバラそうとガウンに会うが、帰ってきたジョンウに邪魔される。ミランの母親とチョがジョンウの罠にかかり、賭博現行犯で逮捕された。ジョンウはミランを呼び出し、母親の釈放を条件に、子どもを中絶して渡米するよう提案する。

第23話
ジョンウの提案を断ったミランは、ガウンの父ドングクに会って母親の救済を相談した。それを知ってジョンウを慌てた。ジョンウは今やドングクが経営する太陽アパレルの常務だ。その地位とガウンの夫としての立場を一挙に失いかねない。しかし、初犯とはいえ現行犯を救うのは難しい。ミランはやむなくジョンウの提案を受け入れた。ミランに渡す金が必要となったジョンウは金策を考える。別居するための新居購入費をガウンの親からせしめようと…。

第24話
ジョンウはミランに中絶手術を受けさせた。そして、ガウンが父親から引っ越し費用として受け取った金を、渡米費用だとミランに渡した。ミランはガウンを憎んだ。ユ家から受けた数々の恩恵も、今は屈辱に思えた。ガウンからジョンウを奪うことが最大の望みになっていた。一方、ジェボムはスリに遭い、買収のための資料が入ったメモリーカードを盗まれてしまう。しかし、ちょうどその場に居合わせたギョンチョルが犯人を追い、メモリーカードを取り返した。

ピンクのリップスティック ピンクのリップスティック ピンクのリップスティック ピンクのリップスティック

(C) 2010 MBC

Pickup
おすすめ番組